2011年11月30日水曜日

How's that?

湘南は昨日の夕方から少し波が出はじめ、今日もそこそこのサイズがありました。
私が海に入れるのは午前中の一部の時間だけでしたが、あいにく満潮時と重なっていたためブレイクしているエリアはかなり狭い範囲でした。右を見るとうねりはあるけど割れてない・・・左を見るといつもながら凄い人!ということで、その中間で入る事にしました。沖で割れて途中でだらけてインサイドでドボンという波でしたが、ロングボーダーが密集している沖と、ショートボーダーが密集しているインサイドを避けて、その中間で待機して何本か乗る事ができました。Alaiaはポジション探しがとても重要だと思います。
でもそのうち試合みたいにぴったりマークしてくる人が必ず現れますので、そういう方を何とかかわす術も大事ですね。時間切れで海から上がるとちょうど勇一Proがチェックしていました。きっとこの後良かったと思います。
良かったでしょ?

2011年11月28日月曜日

Take down

夕方ふとGear'sに立ち寄ると勇一ProがAlaiaを作成中。最近海の中だけではなくAlaiaのシェイプにも熱が入っている勇一Pro。しかしなかなかタイミングが合わずシェイプの光景に立ち会えなかったので今日はラッキーでした。すでにアウトラインはカット済み。サイズは勇一Proお気に入りのパーソナルに近い8'1"のミッドサイズ。以前ご紹介した勇一Proのものよりボユームを持たせたとのこと。
しかしこのサイズのブランクス自体なかなか見ることができない大変貴重ものです。まずはプレーナーでラフシェイプ。その後カンナで地道に仕上げていきます。個人的にはこの作業が気持ち良くて好きです。今日はここまで。明日完成予定です。
この板は勇一Proの8'00"にしびれた方が急遽オーダーしたものです。
最近再び海でAlaiianを見かけることが多くなりました。そして自分が離脱している間に皆さんかなり上達してます。最高ですね。どうですか、このアウトライン最高に格好良いです。この板だったらアウターリーフのポイントでも行けそうな気がします。
やばい・・・欲しい病が発症しました。

2011年11月22日火曜日

Wood Fin

今日は残念ながらサイズダウン。地形が安定している一部のポイント以外は厳しいコンデションでした。
今日はサーフィンは休憩してGear'sへ行きました。
勇一Proはウッドフィンを作成中。このフィンはフィッシュ用ですがパフォーマンス志向の高いものになります。まずはサンダーで荒削り。その後はひたすら手作業で、ペーパーの番手を細かくしながら綺麗に仕上げていきます。最後は左右2枚のフィンを合わせてアウトラインの修正をして完成。
今日は2セット4枚をのシェイプに2時間ほどかかりました。プライウッドの継ぎ目がはっきりと見えて、それが美しさになるウッドフィン。とても大変な作業です。

2011年11月21日月曜日

Alaia Time

今日は何とか波が残ってくれました。ホームポイントはやはりブレイクしていませんでしたが、隣りのポイントはなかなかのコンデション。フィッシュで数本良い波に乗る事ができました。潮が上げて割れにくくなったところでさらに東へ移動し勇一Proと2時間ほどAlaiaでセッション。完全に潮が上げ切るまでお互いに良い波に乗る事ができました。Alaiaでこれだけ乗れたのはけっこう久しぶりですね。
数年前二人で夢中になってAlaiaをやってた頃を思い出しました。

しかし勇一Proの8'00"に乗せてもらいましたがはんぱないスピードでした。

2011年11月20日日曜日

Good day for surf

台風のような低気圧が通過し、波も大きくなりました。気候も夏のようです。
多くのポイントは風の影響であまり良いコンデションではありませんでしたが、しばらく続いた波不足に比べれば最高のサーフィン日和になりました。ホームポイントは肩が張らず捕らえにくい状態で、しかもセットが入り始めると一転してハードとなる難しいコンデションでした。
ポイントの選択もかなり難しく悩んでいる間にタイムオーバー。先日お知らせした展示会に向かいました・・・もうおなじみのこの光景。今日は波があったからでしょう。現場はちょっと寂しい感じでした。しかしこの場所でのサーフボード談義はいつもながらとても楽しい時間です。今日はニーボードの話題で盛り上がりました。
本音はサーフィンができなかったので不完全燃焼。
明日は休みなので波が残ってくれると嬉しいです。

2011年11月16日水曜日

Super

今日も残念ながら波はありませんでした。週末に低気圧が通過する予報なので少しだけ期待したいと思います。体調を崩してから海と同様にすっかりご無沙汰していたGear'sへおじゃましました。
とても綺麗なピグメントのフィッシュが仕上げ待ちです。勇一Proいわくこのウッドフィンがかなり上手く削れたとのことで、いつも通りの綺麗なフィンだと思いますが凡人にはその差がわかりません・・・板を眺めていると、勇一Proが見せたい物があるとのことで外に出てみると、おなじみのスーパーカブ。
勇一Proのトレードマークでもあるこのカブは何と3代目とのこと。この3代目も累計95,000kmを超えていました。今回はこの使い込んだカブをオーバーホールしました。そういえば少し前までエンジンからメカノイズがかなり大きくマフラーから少し白煙が出ていましたが・・・
video

エンジンのシャカシャカしたノイズは全く消え、気持ちよいトコトコトコ・・・という音に変っていました。やっぱり元祖エコマシンはいいですね。

さて、お知らせです。今年の夏に行った湘南ローカルブランドの展示会を今週末に再び行うとのことです。場所は前回と同じ藤沢のCLUB朝日町パラダイス。前回はとても楽しかったのでぜひ立ち寄ってみてください。

2011年11月12日土曜日

Return to one's normal

今日は久しぶりに波がありました。私も本当に久しぶりに海に入りました。
ホームポイントはセットは綺麗にブレイクしていましたが、セット以外はブレイクせず地形が回復するにはまだまだ時間がかかりそうです。隣りのポイントは西も東もかなり混雑していました。ちょっと遠出する選択もありましたが、久しぶりのサーフィンは近所がいいなと思い隣りのポイントへ。小ぶりでしたがまずますの波でした。フィッシュで何本か滑って久しぶりの波の感触を味わった後は、Alaiaに持ち替えて更に隣りのポイントへ移動し勇一Proと合流。久しぶりに勇一ProとAlaiaでセッションとなりました。しかし久しぶりのAlaiaはやはり寛容ではありません。ほとんど水没状態でやっと2本乗る事ができました。
勇一Proはというと、私が休んでた間すっかりAlaiaオンリーのスタイルになっていたとのこと。最新のAlaiaは8'00"のクラシックなミッドサイズです。ポイントノーズ、絞り込んだテールとかなりクラシックな味付けとなっています。我々が乗っているペラペラのAlaiaと違いずっしりと重厚感がありかなり格好良いです。近年のAlaiaはマニューバー性能を重視したものが主流になっていますが、原点に返ったクラシカルなスタイルも今後見直されるのではないでしょうか。明日乗せてもらう約束をして今日は解散。久しぶりのAlaiaはかなり疲れましたが最高でした。

2011年11月6日日曜日

1 month passed

海に入れなくなって今日でちょうど1ヶ月が過ぎました。
その時はかなり良い波でした。
今までこれだけ海に入らなかった事は無いかもしれません。
同じタイミングでホームポイントのコンデションが悪かったためあんまり辛い思いはしませんでしたが・・・これからはちょっと足を伸ばしたいと思います。
海の体力もすっかり落ちたのでAlaiaは厳しいと思いますが初心に帰って練習します。
そしてまた動き出すと書きたい事も出てくると思いますので、こちらもよろしくお願いします。このくらい初心に帰ろう。

2011年11月1日火曜日

Test pilot

本日、KUGENUMA SURFBOARDSのオーナー・シェーパーの望月氏のニューボードのテストに同行させていただきました。
向かったのは東のリーフブレイク(すいません、写真撮り忘れました)。波は小さかったのですが、浅いリーフは時折きれいなブレイクもあり、その性能を垣間見ることができました。
子供用のサーフボードと同等な厚さでも十分な浮力があり、テイクオフの走り出しも早くアライアに乗った事がないサーファーでも楽にテイクオフができると思います。オリジナルのフィンはアライア独特の走りを損なわず、早いセクションでのコントロールを容易にしてくれます。
「アライアはパドルがキツイからちょっとね…」というサーファーでも、アライア独特のスピード感を体感できる1本だと思います。